カテゴリー「ブログ始めます」の3件の記事

2012年12月28日 (金)

私の原点 その2

   白馬は馬である 

 中学の同期会の食事の後、招待された3人の先生方がスピーチをした。我々の担任ではなかった男の先生のスピーチの中に、馬がどうとかいう話が出た。他の何年にもわたる生徒たちとの無数の体験があったはずの先生にとって、50年以上にしてなおも忘れられない事件だった、ということかも知れない。 

 「あ、あれ憶えてる。我々のクラスでの話だ」 

 白馬は馬だ。白馬は白い。ゆえに馬は白い。とかいう三段論法の話だった、と記憶している。ゆえにある馬は白い、とすれば当たり前の話なのだが、その「ある」を、故意にかどうか省いたので問題になった。誰かがそれはおかしいと言い、先生が抗弁した。教室の他の者たちが先生に反対し、ついには女生徒たちがしくしくと泣き出して、収拾がつかなくなった。 

 中学時代の私は、劣等感にさいなまされ、内向的で無口な少年だった、とつい最近まで自分では思っていた。ただ授業中は、ノートも取らずに先生の話を聞き続けた。後に東大を卒業した、小学校時代からの親友の授業態度を真似たのである。彼は、まるで先生をにらめるように凝視していた。自分の顔は分からないが、同じようだったのかもしれない。そのようにして先生の話に熱中していると、疑問もまたいろいろと沸いてきて、質問したくなった。腕組みしたままにらんでくる生徒が少なくとも2人はいる。そして、無遠慮な質問を平気でする。先生方からすると、確かに困ったクラスだったのだろう。 

 記憶はないが、「それはおかしいと最初に言い出した誰か」は私だったのかもしれない。そうだとすると、職員室でも有名なほどの困った質問をするクラスの元凶は、私だった可能性が高い。自分自身では、「権威を権威とも思わずに疑問を呈する」ようになったのは高校に入ってからだ、と思ってきたが、おとなしかったはずの中学3年時には既に、その萌芽が表に現れていたようである。 

 小学56年生からの私の関心は、社会の矛盾に向けられていた。理想の社会はどうあるべきか? 大学を卒業した時にも渡米した時にも、その主題は頭の片隅に常に存在していた。それが変わったのは、大陸の起源説であるヤスーンの仮説を思いついたからである。それ以来ずーっと、私は地球の科学者たちを相手に疑問を投げ続けている。一般社会にも影響を及ぼすような、思うような成果を未だに得られないのは、力をつけるべき若い時期に力を蓄えてこなかったからである。自業自得としか言いようがない。 

 私は、「何故?」「何故?」としつこく尋ねて回る幼児に過ぎない。あるいは、裸の王様を見て、「王様は裸だ」と思った通りをそのままに叫んだ少年に過ぎない。あるいは、先生たちを困らせる質問をする中学3年生から全く成長しないままの少年、と言うべきかも知れない。 

 ともかくも、自分の原点を知れたということが、今回の訪日の最大の収穫であった。同じ道を辿れて来れただけで、充分幸せであった。 

2012年12月22日 (土)

私の原点 その1

   中学校の同期会に出席 

 10月に日本に滞在中、中学校の同期会に出席した。通知を貰ったのは1ヶ月少し前、その時までに帰国後の大まかな日程は決まっていた。偶然に日にちが合ったというのが嬉しい。 

 渋谷のホテルの会場に10分近く遅れていくと、既に会は始まっていた。1学年で6クラス、約250人いた生徒の、1/3に当たる80数人が集まった。古希を過ぎての出席者にしては率がいい。先生方が3人もいたことは驚きだ。我々の担任だった女の先生が、その一人であるとは運がいい。逆算するとあの当時、大学を卒業されて間もなかったということになる。 

 同じクラスだった女性から「先生はあの頃、クラスの出来事をいろいろ記録されていらしたそうよ」という話を聞き、先生のテーブルに向かった。 

 「ええ、あなた方のクラスは、困った質問をするということで、職員室でも有名でした」 

 ああそうだったんだ。そう言われて思い出した。聖書の時間に質問したことがある。旧約聖書の故事、怪力のサムソンが柱を揺するシーンでは、カーテンをもろ手に抱え、ゆさゆさと身振り付きで説明するような先生だった。ある日、モーゼ(私はモーゼと教わった。近頃はモーセと言うみたいである)の十戒の話になった。 

 「なんじ父と母とを敬え。なんじ殺すなかれ。なんじ姦淫するなかれ。なんじ盗むな……」 

 「先生、姦淫ってどういう意味ですか?」私は質問した。 

 「かんいんとは……」と先生は答えかけて絶句した。教室のそこここから、くすくす笑いが聞こえた。その状況になって、鈍い私でも納得した。性教育のない当時の教室で、公然としてはならない話題だったんだ。 

 一般的に言って、キリスト教は性に厳しい。イエスは、情欲を持って女を見るものは、心の中で姦淫を犯したのと同じだ、と言っている。しかも、そのような目はえぐって捨てろ、とまで言っているから半端ではない(マタイ伝、5:24)。私が信者だったら、トンボほどの眼があっても間に合いそうにない。 

 モーゼの場合、「出エジプト」という民族の大移動中だったのだから、集団の秩序を壊しかねない行為に対し神が厳命を下した、というのは分からないでもない。しかし、男根をご神体とする大らかな宗教も多い中で、キリスト教の性に対する潔癖さは、異常とも思えるほどである。 

 神は、自分の姿に合わせて人間を創造した、とも言われる。ならば、神は何故、姦淫できる身体に人間を作ったのだろうか? もしもあの時聖書の先生が、絶句せずに答えてくれていたら、次に、そういう男女を何故神は作ったのですか? と質問してみるべきであった。あの当時ではまだ、そういう質問自体、思いつきもしなかっただろうが。 

2010年8月17日 (火)

「大陸は何故あるの?」のブログ、始めます

 これは、一見、「空はどうして青いの?」、「月は何故できたの?」という、幼児が発するのと同じタイプの素朴な質問に見えます。こういう質問に対する答えは、一応、科学書などを調べれば出てくるでしょう。ところが、「大陸は何故あるの?」という問いに対しては、答えがないばかりか、問いかけそのものがないのです。「大陸がどのように移動したか?」を問うものはあっても、「そもそも大陸自体がどのようにして生まれたのか?」を問うものは、浅学のせいか、見たことも聞いたこともありません。

 バケツの中に砂を入れ、砂山を作る、と想像してみてください。次に、バケツの縁のほうから静かに水を注ぐと、ミニチュアの大陸と、海とができます。さて、この砂の大陸に水をかけたとしたら、大陸は崩れ、水中に没するはずです。もしもバケツをゆすったとしたら、その過程はもっと早まります。

 次に、水中に没した砂の大陸を、元通りに、水面上に隆起させる方法を考えてみてください。外から新しい砂を足す以外の方法があるでしょうか? 手で水中の砂をかき回してみても、大陸は隆起しません。……いくら考えてみても、私には、その答えがありそうに思えません。

 マントル対流とか、火山の噴火とか、大陸の衝突とかという説明を聞くと、陸地の隆起って、当たり前のことのように思えるのですが、砂と水、という簡単なものに還元してみると、大陸の生成って、地球内部からのそうした働きによっては、できるはずもないことなのです。

 地球には引力があり、全ての方向の物質を、地球の中心へと引っ張っています。そのために地球は、内核、外核、マントル、地殻、海洋、大気圏、成層圏と層状になっているわけです。しかも、中心からの力が全方向に均等に働くため、それら全ての層は、球形になっています。ところが地殻においてだけ、陸地が海洋よりも部分的に突出しています。これは、おかしなことです。

 本来ならば、比重の大きいものは下にあるはずです。カクテルにプース・カフェというのがあり、私も若い頃に作ったことがあります。何種類かのリキュール類が、比重の大きい順に、下から層状に重なります。別名をレインボー・カクテル、と言ったと思うのですが、注意深く作ると、本当に虹のような、カラフルで美しいカクテルができます。作るポイントは、長い柄のスプーンに液を伝わらせて、少しずつ静かに注ぎ、下の液と混じらないようにすることです。こうすると、ほんのわずかな比重の差でも、きれいな境界ができます。

 地球でも同様に、比重の大きい順に、下から重なっていなくてはなりません。水と油ほどの比重の違いがあれば、プース・カフェの場合のように注意しなくても、油は水の上にきます。岩石と水との比重の違いは、油と水どころではありません。気体との混合物である軽石を除けば、岩石が比重の小さい海水に浮かぶ、などとは考えられません。つまり、岩石を砕いて砂状にしたら、あるいは高温で溶かして溶岩状にしたら、岩石が、海水面の上にくるはずはないのです。

 現在最も受け入れられているマントル対流論によれば、地殻の下にあるマントルには対流があり、下から湧き出してきたマグマは、水平に移動した後、海溝で沈み込むとされています。その時に、花崗岩は下の玄武岩よりも軽いので、浮きかすとして沈めずに、大陸を形成する、というのです。もしも花崗岩が軽いのなら、「そもそもどのようにしてマントルに潜り込めたのか?」という問題もありますが、今は、そのことは置いておきましょう。

 ここで問題になっているのは、花崗岩が軽いといっても、それは玄武岩に対してであって、水に対してではない、という点です。マントルに対流があって攪拌しているとすれば尚のこと、岩石である花崗岩が、海水面上にきてはならないのです。それはまさに、「バケツの中の砂をかき回して、水面上に陸を作れるか?」という問題と同じです。

 というわけで、「どうして大陸があるの?」という問いかけは、単純素朴であるように見える割には、かなり根源的かつ困難な問題であるはずなのです。私は、これからこの問題を、ブログの形で少しづつ書いていくつもりです。火星の地形の成因について、太陽系の生成についても語ります。地震や地震予知の問題も扱います。恐竜の絶滅についても書くつもりです。唯一の理解者であった松本清張氏についても書きます。

 大陸の形は、メルカトール図法で描かれるようにばらばらなものではありません。全ての大陸は、今でも一繋がりです。そのことを図として示したら、私の言いたいことがみんなにも理解してもらえるだろう。分かってもらいたい一心で、長いことかけて「大陸の世界地図」を開発したところ、幸いにも、米国の特許が取れました。それについてもお話しします。

 以前、英文のニュースレターを5年半ほど出していたことがあります。学者や研究者との手紙の交換で、激しい論争になったこともあります。そのニュースレターを和訳していこうか、とも計画しています。

 軽い話題でもなく、写真や図(どのようにしてコンピュータに取り込んだらよいのか、転用したい図の許可を取るのはどうしたらよいのか、など、今のところ分からないことだらけです)を多用することもないので、多くの人に読まれる、ということも期待できません。しかしたとえ数は少なくとも、「こんな考え方もあるのか」と目からうろこの思いをしてくださる方が必ずやいるはず、と信じています。

その他のカテゴリー