« 日本国内旅行 その7 | トップページ | 選挙制度の根本的改革を その2 »

2016年7月25日 (月)

選挙制度の根本的改革を その1

(このブログは科学的な問題だけにし、社会的な問題はいつか別の場で、と考えていた。しかし私の書くペースからすると、ブログの新設など望むべくもない。)

  投票したくない候補者たち

 5月26日(日本では5月18日)に放送されたオイコノミア「18歳が社会を変える? 選挙の経済学」を見て、選挙制度改革について考えさせられた。しかしそこで扱われた選挙制度改革は、枝葉の改革に過ぎない。もっと根本的な改革が必要なのに、と思った。積年の私の考えを書き残しておきたい。

 あれは高校生の頃だったと記憶する。新聞記事で選挙の記事を読み、制度そのものに問題があると考えた。中学生の時に社会科の先生が好きで、先生が顧問をしている社会研究部に入った。一人で国会議事堂に行き、傍聴したこともある。しかしその私が、選挙権を持ったら投票に行く気になるかと言うと、そんなことはなかった。というよりは、深く考えれば考える程、かえって行く気にならなくなる。

 「選挙権」という言葉があるけれども、行く気になってこその権利だ。「行け行け」とうるさく言われてやっと腰を上げるようなものが、権利であるはずはない。それに、権利であるとすれば、それを使う使わないは個人の裁量であり、納税の義務などとは違う。また、せっかくに時間を割いて投票した候補者が、後にどうしようもない人物だと知れたとすれば、一票分の責任がある。責任とまでは言わないにしても、投票所へ足を運んだ労力は何の為だったか、という気にはなることだろう。

 最近の例で言えば、舛添要一前都知事に票を投じた人は今、どんな気持になっているだろうか? テレビでよく見かけるというだけで、人は親しみを感じる。彼の言葉も説得力に溢れていた。彼のマイナス面を知らない一般人が、彼を選んだとしても不思議はない。しかし今回のような、個人的支出を政治資金でまかなう事件が明らかになってみると、彼が都知事になろうとした意図そのものが疑わしくなる。東京都を良くしよう、そのための公僕になろうというよりは、公職を自分の利得のために使おう、という基本姿勢がもともとあった人なのかも知れない。本人は、ポイントとかおまけを稼いだ程度のつもりだったのだろう。違法でないため「せこい」と言われるらしいが、私は、「ずる賢い人」なのだと思う。

 米国大統領選におけるトランプ氏の出現は、舛添氏の辞任どころでは済まされない重要な問題である。最近のあまりにも極端な差別的言動により、彼への支持率が一時下がったとは言うものの、また持ち直し、7月の時点では、クリントン氏と拮抗しているとも言われる。今後、彼がより慎重になるならば、あるいはそう装うならば、支持率は更に上昇し、11月の選挙直前の情勢次第では、彼が大統領になる可能性は充分にある。

 もしも彼が大統領になり、言葉通りの政治を行なったとするならば、世界の混乱ぶりは、英国のEU離脱どころの比ではない。世界最大の核保有軍事大国が、「感情の政治」によって支配される危うさは、想像もつかない。

 対するクリントン氏も、メール問題が禍いして、支持率が今一つ伸び悩んでいる。つまりは、どちらも積極的に選びたくなる候補者ではないのだ。恐らくは、トランプ氏あるいはクリントン氏を当選させるぐらいならば、という消極的な理由で、相手候補に票を投じる者も多く出ることであろう。これが、長い月日と巨額の選挙資金を注ぎ込んだ末の、うんざりする結果である。民主主義の根幹である選挙制度そのものが、いま問われている。

« 日本国内旅行 その7 | トップページ | 選挙制度の根本的改革を その2 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

ヤスーン説は非常に興味深いのですが、疑問があります。

ひとつは化石です。ご存知だと思いますが、ヒマラヤ山脈のかなり上に、三葉虫やアンモナイトの化石が見つかります。これはどのように説明できるのでしょうか?

コメントをありがとうございます。
大陸の周辺部を弓なりに張り出す形で殆どの造山帯や島孤が並んでいます。それらが大陸由来の地質構造物であることは明らかです。ヤスーン仮説によれば、大陸中央部からの力が油圧ジャッキの仕組みで、大陥没して一旦海中にあった造山帯の山脈を押し上げます。(「清張氏の、守られた約束 その9」を参照して下さい)
山脈の堆積層から発見されるのは、漣痕(れんこん、海岸沿いの浅海の海底に刻まれた波の痕)や貝など浅海性の化石ばかりです。深海底の海溝に溜まったとするプレート説の説明には、かなりの無理があります。(「清張氏の、守られた約束 その46」を参照して下さい)
またプレート説では、山脈ごとに説明が違います。ヒマラヤはインド亜大陸の衝突。アンデスはヒマラヤに次ぐ巨大山脈ですが、大陸が衝突する必要はなく、沈み込みの海溝があればよい。北米西岸では海溝も必要ない。シエラネバダ山脈はプレート進行の前面だから盛り上がるのだと。進行後部にもアパラチア山脈があり、それには過去の衝突を持ち出す。ヨーロッパのアルプスは、アフリカ大陸が衝突したために出来たとか。 何とでも言えてしまうものだ、という気がします。
もう一度基本に立ち返って、大陸移動という水平の力が、本当に山脈の隆起という垂直の力に変換可能であるのか? 力学的に検証し直して欲しいものです。

プレートテクトニクスがおかしな理論であることは、私もそう思っています。沈み込みでいったん曲がったプレートがマントルの中でもう一度まっすぐになるなんて、とても変です。

ところで、現在の月は、地球が生まれたころに火星くらいの大きさの惑星がぶつかってできたという説があります。ヤスーンは月の後にぶつかったんでしょうか?

重ねてのコメントをありがとうございます。
ヤスーンは、地球の歴史の早い段階で落下しました。落下以前の原始地球は、たった一つの海洋で覆われていたはずです。月はヤスーン落下以前から存在していたとも、あるいはその後に捕獲されたとも考えられます。(「清張氏の、守られた約束 その3」を参照)
理論は単独では存在しません。火星大の天体の落下と再融合が月の起源であるとするならば、木星や土星の数十とある衛星たちも、同様なプロセスで生まれたとしなければなりません。コンピュータ・シュミレーションで、複数の衛星が再融合する様子を証明してもらいたいものです。
私の太陽系生成説からすると、惑星、衛星、その他全ての太陽系内天体は、今も、近くのより大きな天体に吸収合併される過程にある、と考えています。(「清張氏の、守られた約束 その28」を参照)
この問題は、自費出版の本(1976年刊、「清張氏の、守られた約束 その10」を参照)の中でもっと詳しく説明しました。いつかそっくりそのまま、ブログにアップします。

なるほど、ヤスーンは北極点の上から落ちてきたので、月の存在はあまり関係しないわけですね。

>落下以前の原始地球は、たった一つの海洋で覆われていたはずです。

私もそう思います。マグマオーシャンから海洋が生まれたときに、凸凹が生じる理由がありません。ヤスーンの衝突と現在の地球が完全な球からは程遠い形をしていることも関係しているかもしれません。

こちらこそ、丁寧な回答をしていただいて感謝します。プレートテクトニクスは、解釈に恣意的なところが目立ち、非常に違和感を覚えていました。昨今はなんでもプレートテクトニクスで説明しようとしますが、私には矛盾する箇所が多いと感じています。

そうしたときに、このページを見つけ、非常に知的好奇心を喚起されたのです。ヤスーン説もこれから科学的検証のまな板の上に乗ることと思います。正当な評価がされることを祈っています。

また疑問が出てきたら、書き込ませていただくと思います。
ありがとうございました。

素晴らしいコメントをありがとうございます。
おっしゃる通り、「ヤスーン説もこれから科学的検証のまな板の上に乗ること」が必要です。というよりは、そうなったら大成功です。今はまだ、予備審査もしてもらえない段階です。
世の中の人は、科学雑誌や科学番組で見たことを情報として、そのまま記憶します。貴方のように、プレート説に疑問を抱く者は極めて稀だと思います。今後とも、コメントをお待ちしております。

地球にはジャイアントインパクトが4,5回あった、というシミュレーションがあるそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=eBP1K6omsDA

このなかの1回がヤスーンであるのでしょう。なんだか、本流の科学がヤスーン説に近づいてきているようです。

リンクされているサイトを見てみたところ、サイエンスZEROで放映された「ジャイアントインパクト」ですね。当地では今年3月12日に放映されました。かっては科学者や友人から、月と同様ヤスーンが落下することはあり得ない、などと言われたこともあります。ジャイアントインパクト説が出てからは、こちらからの反論がし易くなりました。
とは言え、シュミレーションなどに使われるジャイアントインパクト説と私のヤスーン落下説とには、考え方の根本に大きな違いがあります。科学者はデータを重視し、帰納法的に考えます。私は大前提を重視し、演繹法的に考えます。
太陽系は小天体同士の衝突で形成されたという大前提からすれば、ヤスーンの落下のような出来事は当然の帰結です。それなのに今までは、惑星表面の地形が衝突(落下)によって作られたとはされませんでした。今回のシュミレーションは、明らかな前進です。ただ、この先ヤスーン説に結び付くのかということになると、かなり悲観的に思っています。

サイエンスゼロのシミュレーションを見ると、衝突するまで両者の惑星は、球体を保ったままです。衝突後に、ばらばらの岩石になって散らばります。しかしこの時代の惑星は、ヤスーン説のように内部が溶融状態のはずです。衝突前に重力によって、大きく変形するはずです。シミュレーションの前提がちがうので、ここを指摘すればいいのではないかと思うのですが

市販のシミュレーションソフトがあります。

http://universesandbox.com/

自分でいろいろできるようです。

色々とご自分でも考えていられるようですね。素晴らしいことです。
太陽系創世期には、内部が溶融状態にある天体が多かったはずなのですが、科学者や一般人はそのことを、なかなか認めてくれそうにありません。
サイエンスZEROのシュミレーションは、そのことを外しているだけではなく、太陽の重力を十分考慮していないと思います。原始惑星同士が衝突を繰り返すだけではなく、その内の何パーセントかは太陽にも衝突、つまり落下するはずなのです。
興味深い情報をありがとうございます。私はアナログ人間なので、シュミレーション・ゲームを操作できるとは思いません。しかしこういうものがあると知るだけで、イメージが膨らみます。 いつか、私の仮説に結びつけられる日が来れば、と願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/66676897

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙制度の根本的改革を その1:

« 日本国内旅行 その7 | トップページ | 選挙制度の根本的改革を その2 »