« 金森博雄教授と東京で8時間 その9 | トップページ | 日本国内旅行 その2 »

2015年12月31日 (木)

日本国内旅行 その1

  芦原温泉行き 

 今年(2015)の秋も東京に滞在し、科学者たちと対談することができた。カリフォルニア工科大学元地震研究所長の金森博雄先生とは、ここ3年連続でお会いしている。今年は他に、横山裕道淑徳大学教授とお会いすることもできた。対談の内容については、もう少し先にいってから書くつもりである。ここでは、東京滞在後の1週間に行った国内旅行についてを書く。但しその旅行全体ではなく、今までブログで扱った問題の補完を目的として書く。

 11月 10日私と妻とは、朝10時32分発の北陸新幹線で東京から金沢へと向かった。5年前にも金沢に1泊、福井で2泊の旅をした。その時には越後湯沢で乗り換えなければならなかった。同じホームの反対側に列車が止まっていて、それが乗るべき列車だと感違いした。金沢行きは別のホームから出るのだ、と気付いた時には既に遅く、後発列車をホームの待合室で待つ羽目になった。東京から金沢に到る他の地には無いものが越後湯沢にはあった。雪である。その日は氷雨がしとしとと降っていたが、稲の切り株の残る畑のあちこちに、かなり分厚い雪の塊が積もっていた。

 列車が日本海沿岸部に入ると今度は強風で、しばしば徐行運転を強いられた。何処かの駅近くで、工事中の高架を車窓に見た。高速道路が新しく出来るのかと思ったが、後から考えると、北陸新幹線用の工事であったのかも知れない。

 今年3月に北陸新幹線が開業したおかげで、越後湯沢で乗り換える必要性がなくなり、金沢行きが楽になった。とはいえ、金沢が今回の旅の目的地ではなかった。新しくなったはずの駅前と構内とを少し見て回っただけで特急に乗り、福井方面に向かった。

 温泉地からは遠く離れているのに、駅名が何故「芦原(あわら)温泉」で、急行が止まるほど重要な駅なのか、と私は疑問に思った。畑の中に掘った穴から温泉が湧き出したとも、結構有名な温泉地だとも、後で友人から聞いて納得した。

 午後2時半、駅前には旅館のミニバスが迎えに来ていた。駅を降りてから、バス、旅館でチェックイン、とスムーズに事が運び、部屋で一息ついてから、7~8分の距離を歩いて路線バスの停留所に向かった。金沢でも芦原温泉でもない本当の目的地に行く為である。

 私が芦原温泉で一泊する計画を立てたのは、北陸新幹線開業前の2月のことである。金森先生との話題の一つだった玄武洞(金森博雄教授と東京で8時間 その4) について改めて調べているうちに、越前松島という景勝地が東尋坊近くにあるのを知った。玄武洞の水平柱状節理よりももっと複雑で種類も多いらしい(同 その6)。

 これはもう、直接行って実物を見るしかない。で、何処に泊まろうか?どうせなら近くの温泉地がいい。そして、どうせ行くなら米原経由ではなく、近々開業予定の北陸新幹線がいい。という訳で路線バスの時刻表も調べ、芦原温泉行きの計画は、9ケ月も前に完成していた。

« 金森博雄教授と東京で8時間 その9 | トップページ | 日本国内旅行 その2 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/63242103

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国内旅行 その1:

« 金森博雄教授と東京で8時間 その9 | トップページ | 日本国内旅行 その2 »