« 金森博雄教授と東京で8時間 その7 | トップページ | 金森博雄教授と東京で8時間 その9 »

2015年11月17日 (火)

金森博雄教授と東京で8時間 その8

  郷村断層は謎だらけ

 郷村断層の図を探して手持ちの本を繰っていた時、「新・地震の話」(坪井忠二著、岩波新書、1967年)の中に興味深い図を見つけた。断層だけではなく、余震の震央も出ている図を他で見たことはない。その図に関連した部分を以下に引用する。Img_0001

[弾性反撥説によると、エネルギーは断層の両側に同じように蓄えられていなければならない。そして本震はまず断層のところから発するというのであるから、あとからみれば、本震は余震域のほぼ中央におこってくれないと具合が悪い。ところが実際はどうもそうではないようである。地震のときに、地上に明瞭に断層のあらわれて、しかも余震の分布がわかっているものはまだほかにもある。たとえば1927年の丹後地震もそうであるが、この場合にも、余震はその断層の両側にわたって一様におこっているのではない。図29に示すように、断層の西側におこった余震が断然多い。断層の東側には、ほとんどおこっていないといってもいいくらいである。弾性反撥説では、エネルギーは断層の両側にほぼ均等に蓄えられると考えているのだから、(本震は余震面積のまんなかではなく、そのはじの方から発するという) 松沢武雄さんの指摘されたこの事実は、反撥説にとって都合のよいことではない。]

 ここに出てくる「松沢武雄さんの指摘」については、以前 (地震は雷のようなもの その4) にも竹内均氏の文章の中で引用した。以下にその時の文章の一部を再掲する。

[チリ地震の本震は余震域の北の端にある。 ……チリ地震の際には、震源から出発した割れ目が南へ向けて走り結局750キロメートルもの長さの割れ目ができたことが知られている。]

 「本震の震央が余震域の端に存在する」という、同じ松沢武雄氏の同じ指摘のはずだが、坪井氏の図を仔細に見ると、竹内氏の場合と別の形で使われているみたいである。竹内氏の場合、本震は断層の端で起こり、断層に沿って割れ目が走る。それに対して坪井氏の場合は、確かに余震域の端ではあっても、断層線上ということで言えば、端ではなく、中央に本震の震央がある。

 郷村・山田断層の余震域は円グラフ3/4のようで特異である。余震のない1/4の地域の地下はどういう状態になっているのだろうか? 地下に構造的な何かがあり、地震の発生を妨げているのだろうか?

 だいたい、郷村・山田断層のようなT字型共役断層の、どこにどのような形でエネルギーが溜まるのだろうか? もともと断層にエネルギー(歪あるいは応力)が溜まるということ自体、かなり疑わしい。ひびの入った器は割れ易い。断層という傷があれば、小さな力が加わるだけでずれ始めるはずだ。断層というだけでもエネルギーが溜まり難いはずだが、T字型ともなると、その溜まり方は更に複雑化する。

 このようにして見ていくと、郷村・山田断層は謎だらけである。地下がどのようになっているのか、地震がどのように起こるのか、全くイメージできない。いったい日本では、どれだけの研究者がこの断層系の不思議さに着目しているだろうか? 共役断層という名前が付いたことで、また前記のような石柱実験で一応の説明がついたことで安心しきってしまい、それ以上に調べる気になっていないのかも知れない。郷村・山田断層の謎を、もう一度根底から見直してほしいと願う。

« 金森博雄教授と東京で8時間 その7 | トップページ | 金森博雄教授と東京で8時間 その9 »

金森博雄教授」カテゴリの記事

コメント

初めてメールを差し上げます。

地震爆発論学会という小さなグループを主宰している石田といいます。
10年以上になりますが、石田地震科学研究所をも開設していて、関連の記事が膨大になってしまいました。

「共役断層の謎」の記事をみて、「新・地震学セミナー」
http://www.ailab7.com/Cgi-bin/sunbbs/index.html
に[2300]番目の記事を書きました。

「地震学者に共役断層を根本的に見直して欲しい」とありましたので、記事にしましたが、
私は、大学教官(名古屋工業大学)として地震学を専門にしていた者ではありません。
土木工学の中の「海岸工学」という分野で以前は研究していたにすぎません。

しかし、貴ブログにもありますように、

「ひずみが岩盤やプレートに蓄積される」という「活断層理論」とか「プレートテクトニクス理論」に納得することができず、長年持論を「石田理論」として発信してきました。

地震学は「マグマ貫入爆発論」の時点まで戻り、爆発のエネルギーを「水が「熱解離」することによって発生する「水素」が、地下にある高熱で爆発する化学反応エネルギー」に求めるべきだ・・・と主張しています。

著者も数冊(工学社から)出しましたが、研究者らしき人からは、反応がありません。
「ひずみエネルギーの蓄積」に疑問を持つ方を、初めて見つけましたので、少し長く拙文を書きました。

一読いただければ幸甚です。石田

石田昭様
コメントをありがとうございます。
実は、「地震は水素爆発で起こる」というシリーズを書いた時に石田様の説も扱う予定でいました。その時、山本寛氏の「地震学のウソ」に関連して4回にわたって書いています(地震は水素爆発で起こる その7、8、9、10)。その当時、石田様の説をウェブや動画サイトで拝見し、爆縮というのは単なる爆発よりも地震の押し引きや余震の存在をうまく説明するかも知れない、と考えたように記憶しています。
いつかあのシリーズを再開させたいという気持がなくはないのですが、私は書くのが極端に遅く、4日毎に更新で始めたブログがいつの間にか週一になり、今では月一でもぎりぎりです。書きたいことはいくつもありますが、書かぬまま溜まるばかりです。
プレートテクトニクス説、断層説には数多くの矛盾点があります。最近になってまた、新しい疑問を一つ二つ思い付きました。
これからは、貴サイトやご高著を拝見し、定説批判のアイデアなど、いろいろ参考にさせていただきます。

ご返事ありがとうございます。

そのご、「共役断層」や「震源断層」の話題に関して、貴ブログの内容を興味深く参考にして、新・地震学セミナーに書かせて頂いております。

一番に勇気付けられたのは、[2302]に書きましたが、

「私にとっての最大の関心事は、プレートテクトニクス説の欠陥である。これほどにも多くの欠陥があるというのに、人はなぜそれらに触れようとはしないのだろう。」

という一文です。研究者らしき人は、全くPT論を批判しません。山本氏もそうでした。
カール・セーガンが言うように勇気がないのでしょうか。

プレートテクトニクスと、断層地震説を打破しないと、地震学は前進できない、というのが私の長年の信念です。

また、アメリカでシェールオイルの採掘で地震を起こしているのも、「地震発生のメカニズム」に無知だからです。

山本氏との共闘は失敗しましたが、篠塚様とは、共闘できるような気がしています。

今後ともよろしくお願いします。

石田昭様

更なるご返信ありがとうございます。
昨日今日、「新・地震学セミナー」の記事を読んでかなりの時間を過ごしました。熊本地震に関してなど、非常に鋭いご指摘も多く、多くの点で共感しました。
プレートテクトニクス説、断層説などは全て、海外の学者が最初に考え出したものばかりです。現在では、地震時に全てのマスコミが似たような図を載せて説明するほど、日本で隆盛を見ています。それを日本から世界へ逆流させようというのは、川の流れを押し戻すほどの不可能事に思えます。
ただ今までは、書き残すだけでいいと思っていた孤独な活動でしたが、似たような考え方をする研究者が他にもいらしたと知り、心強く思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/61833151

この記事へのトラックバック一覧です: 金森博雄教授と東京で8時間 その8:

« 金森博雄教授と東京で8時間 その7 | トップページ | 金森博雄教授と東京で8時間 その9 »