« 金森博雄教授と東京で8時間 その3 | トップページ | 金森博雄教授と東京で8時間 その5 »

2015年9月22日 (火)

金森博雄教授と東京で8時間 その4

  玄武洞の水平柱状節理

 今から30年以上前のこと、金森博雄教授が学会やコンベンションで世界各地に行くという話をされた時、当時はまだ若く、世界を広く見てみたいと思っていた私は、「いいですね、世界各地を旅行出来て」と言った。それに対して「大したことないですよ。飛行場からホテルと会場に行って、また帰って来るだけです」という答えが返ってきた。

 その時以来、先生が旅行されるのはやむを得ない場合に限られるのだろうというイメージで捉えていたが、地震に関係する所には案外気軽に出掛けられるようである。例えば、20数年周期で地震が起きてきたから予知が出来るのではないかということで有名になったカリフォルニア中部のパークフィールド、規模の上ではカリフォルニア地震史上トップクラスだった砂漠の町ランダース。

 とはいえ、昨年9月に頂いたメールで、「今年の2月、京大の友人に連れられて1927年丹後地震の郷村断層に行ってきました。その時に、城崎温泉近くの玄武洞にも行き、水平な柱状節理があるのを見ました。もちろんそれは、そこだけの構造なのかも知れません。でもデビルズ・ポストパイルにも水平な構造があったように記憶しています」というメールを頂いた時には意外だった。玄武洞は断層を見たついでに、ということで分からないではないが、デビルズ・ポストパイルの方は地震とは関係のない、かなり辺鄙な所にある地質構造である。

1cimg0413_3

 玄武洞には、私もその2ケ月後に行く予定であった。先生が行かれた前記の場所に私も行っていたり、行く予定にしているというのは嬉しいことである。将来、先生が東日本大震災半年ほど前に訪れた綾里白浜へも行くつもりである。かって38メートルもの津波を受けたことのある地形や海を見て、地震や津波の原因を私なりに考えてみたい。

 玄武洞の柱状節理は、私がまさに見たいと思う形の水平層を持っていた。垂直な柱の層の上に水平の層が重なっている。この2重の違う方向の層の形成を、地質学においてはどのように説明できるだろうか? 玄武洞の2重層に合わせた具体的な説明を見つけてはいないが、水平や斜めの長い柱の形成に対しては、「玄武岩は動く方向に柱を作る」という私の考え方の方が、通常の地質学的な説明よりうまく解釈できると思う。

 ネットで検索してみても、玄武洞のような水平柱状節理はなかなか見つからない。金森先生のご指摘通り、デビルズ・ポストパイルには、水平柱状節理が確かにある。しかしそれら以外には、ほんの数例が例外のように出てくるだけである。ところが後述のように、見つかった数例は非常に貴重で示唆に富む。中には、私の考え方を揺るがすほどのものさえあった。

 玄武洞にはそこだけの固有な特徴もある。ふつう玄武岩の柱は、削りたての材木のようにストレートな面を持っているのだが、玄武洞の柱の表面はくねくねとした波型をしている。節(ふし)のくびれのところで分離して、ドロップを積み重ねたように見える柱も多い。似たような柱状節理が他にないわけではないが、おそらく、世界的に見ても珍しい形なのではないだろうか。

 それに対して私は、伸ばしたまま古くなった輪ゴムがぶつぶつになる、のと似たような現象ではないかと考えた。ただし玄武洞の場合には張力ではなく、上の溶岩層の重みが何らかの作用を及ぼしたのだと思う。

« 金森博雄教授と東京で8時間 その3 | トップページ | 金森博雄教授と東京で8時間 その5 »

金森博雄教授」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/61722199

この記事へのトラックバック一覧です: 金森博雄教授と東京で8時間 その4:

« 金森博雄教授と東京で8時間 その3 | トップページ | 金森博雄教授と東京で8時間 その5 »