« 噴火は予知できていたはず その12 | トップページ | 噴火は予知できていたはず その14 »

2015年6月23日 (火)

噴火は予知できていたはず その13

   説明出来ない深発地震

 御嶽山から口永良部島の間にも、箱根大湧谷の噴気活発化と桜島の噴火多発がニュースになっている。東北地方太平洋沖地震の後、日本列島全体が活性化したのではないか、と恐れられてもいる。箱根だけではなく、富士山までも噴火するのではないか、というのが最大の心配であるようだ。

 それに対して私は既に書いたように (富士山はなぜ噴火しなかったのか? その2その4)、西之島が噴火していることで逆に、富士山や箱根は大噴火しないとみている。現在の箱根の活発化は、遠くに伝わる揺らぎのようなものである。それに対して新燃岳や口永良部島の噴火は、桜島の噴火の活発化が近隣に及ぼされた結果だろう、とイメージしている。このような自分なりのイメージを持っていると、ひいきのチームを持っているのと同じで、ニュースの展開が他人ごとではなくなる。

 口永良部島の噴火の翌日、5月30日には奇妙な地震が発生した。小笠原諸島西方沖地震と名付けられたためイメージがはっきりしなかったが、ネットで調べると、むしろ西之島に近い。初めはM8・5、震源の深さ590キロと発表したが、後にM8・1、深さ682キロとそれぞれ修正した。気象庁によれば、1900年以降のM8以上では、世界最深の地震だそうだ。

 この深さをプレート・テクトニクス説では、どう説明するのであろうか? もともと「水平の移動を長い間続けてきた太平洋プレートが冷えて、日本海溝の辺りで斜めに沈み込む」というプレート説のモデルは、その背後の日本列島で活火山帯のような高温域を何故生み出すのか?という疑問に答えられない。これは上田誠也氏も認めるように (富士山はなぜ噴火しなかったのか? その4)、プレート・テクトニクス説最大の難問の一つである。

 その上にこの小笠原諸島の辺りでは、日本海溝での沈み込みの図式を当てはめようとすると、数々の疑問が出て来る。例えば、後者で斜めに沈み込むプレートが、前者においてほぼ直下へと沈み込むのは何故なのか? しかも、ロシア沿海部辺りで発生するのと同じ深さの深発地震が、小笠原諸島西方沖でも起るのである。一体、プレートの沈み込みは斜め、直下どちらが本来の姿なのであろうか?

 しかしそのこと以上にもっと本質的な疑問がある。今回の地震のように682キロもの超深度で起る地震を、プレート理論で果たして説明出来るのだろうか? そのような超高圧高温の深度では、岩石は柔らかく可塑性に富み、地震の原因とされる破壊も断層も起こりそうではない。そもそも、マントルは対流出来るほど流動的なはずである。そのマントル対流論、あるいはプレート・テクトニクス説の大前提からすれば、断層だの反撥だのがマントル深部に存在していること自体が矛盾なのだ。

 だいたい対流というのは、周りの物質との間に大きな温度差があるからこそ、上昇もし下降もするのだ。ということは、水平移動している最中にかなりの程度冷却されるということでもある。とすれば、上昇域の中央海嶺と下降域の海溝とでは、冷却によって生じた大きな温度差が実測されるのでなくてはならない。しかもそのようにして生じた温度差も、沈み込みを開始してしばらくすると、周りの高温域に温められてしまいそうなものである。

 今回の小笠原諸島西方沖地震には上述の一般論以外にも、フィリピン海・プレート固有の特別な問題点もある。地震のあった辺りの火山島は、西之島―八丈島―三宅島―大島方面へと北上し、伊豆半島がそうであったように、やがては日本列島に衝突すると言われる。ということは、この辺りのプレートは2層構造になっているということでもある。

 太平洋プレートがエスカレーターのように下降しているその上を、動く歩道が別方向へと進行している、という図式である。建造物としてならばあり得ても、自然界においてこんな複雑な形の熱対流が存在し得るとは思えない。

« 噴火は予知できていたはず その12 | トップページ | 噴火は予知できていたはず その14 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/60487052

この記事へのトラックバック一覧です: 噴火は予知できていたはず その13:

« 噴火は予知できていたはず その12 | トップページ | 噴火は予知できていたはず その14 »