« 噴火は予知できていたはず その8 | トップページ | 噴火は予知できていたはず その10 »

2015年5月26日 (火)

噴火は予知できていたはず その9

  何故ダム湖誘発地震が起きるのか?

 前回書いたように、ダム湖から浸み込んだ水が断層を滑り易くするという考え方には疑問がある。断層は地震の結果として動くのであって、地下の断層が動いたから地震が起こるというわけではない。私は、1906年のサンフランシスコ大地震(M7・8)も断層由来ではなく、ダム湖由来の誘発地震なのだと考えている。

 サンアンドレアス湖はもともと、サンアンドレアス川の流れの途中に出来た自然の池だった。その池の下流側に土堤を築き、貯水湖としたのは1869年のことである。内陸部で金が発見され、サンフランシスコの町が大膨張を開始したのは1848年、僅か20年前のことである。人口の増加に伴い、水の需要が急増した、ということなのだろう。

 水の需要は更に増し、同じサンアンドレアス断層の南にクリスタル・スプリングス貯水湖が造られた。この貯水湖は上部・下部2つに分かれ、下部の方には断層と平行なコンクリート製の巨大ダムが建造された。その完成の1890年には断層上の細長い谷間を、3つの湖全てで15キロほどの湖水が覆うことになった。それは、サンフランシスコ大地震の16年前のことである。断層の西側が3メートルほどずれ動いたりしたにもかかわらず、ダムに損傷はなかったし、水漏れがあったようでもない。

 サンフランシスコ大地震は世に地震断層説を広めるきっかけとなった地震ではあるが、ダム湖由来の誘発地震の実例が数多く知られるようになった現在、サンフランシスコ大地震の真因を検討し直すべきであると思う。

 では、ダム湖から水が浸み込んで、何故地震が起きるのか?前々回(噴火は予知できていたはず その7)には、地下に浸み込んだ水がマグマに触れて気化、膨張するとイメージした。それを水蒸気爆発と呼ぶことにする。ところがその後、別の爆発もあり得ると思い付いた。水素爆発である。

 以前(地震は水素爆発で起こる その7)、山本寛氏の「地震学のウソ」(工学社 2009年5月)という本を紹介した。その本によれば、地中に浸入した水は分解されて水素が発生し、それが核融合するという。

 地球程度の質量の惑星内部で、おいそれと核融合は起こらないだろう、と私は思うのだが、著者の山本氏は常温核融合の可能性を信じていたのかも知れない。常温核融合についてのウィキによれば、彼が原稿を書いていたであろう2008年時には、結構日本各地で常温核融合の実験が行われていたみたいである。

 もしも2011年3月以降に彼が原稿を書いたとすれば、水素の核融合にこだわらなかったかも知れない。福島の原発での、あれ程に目ざましい水素爆発を見れば、地下で地震を起こしているのは核融合でなくてもいいと思い直したに違いない。

 ここでもう一度前の実例に戻り、牧尾ダム湖から浸み込んだ水が地下でどうなるか?とイメージしてみる。前々回は水が気化して水蒸気爆発したと考えたわけだが、それだと長野県西部地震(M6・8)のような中規模地震の説明としては弱過ぎるように思われる。あれは、遊離の水素が一挙に燃焼し爆発した、と考えるべきではないだろうか?

 いや待てよ。M6・8の中規模地震が仮に水素爆発によるものだとして、長野県西部地震だけが特殊だった、と考えるのはおかしい。全ての地震が、とは言わないが、多くの地震が水素爆発によって起こる、とは考えられないだろうか?

 プレート・テクトニクス説全盛の時代に「水素爆発が地震の原因だ」と言っても、相手にされるはずもない。いつの日か、プレート・テクトニクス説の説明に満足できなくなった若い研究者が、数多くある選択肢の一つとして、水素爆発と地震との関係を研究してくれることがあれば、と願っている。

« 噴火は予知できていたはず その8 | トップページ | 噴火は予知できていたはず その10 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/60070631

この記事へのトラックバック一覧です: 噴火は予知できていたはず その9:

« 噴火は予知できていたはず その8 | トップページ | 噴火は予知できていたはず その10 »