« 富士山は何故噴火しなかったのか? その2 | トップページ | 富士山はなぜ噴火しなかったのか? その4 »

2015年4月28日 (火)

富士山はなぜ噴火しなかったのか? その3

   地震と火山は関係あるのに排他的

 西之島の噴火は東北地方太平洋沖地震によってもたらされたに違いない、と前回書いた。そして、世界の他の超巨大地震の場合にも似たような地震と噴火の関連性があり、震源から火山への方向性が認められるに違いないと予想した。

 ところが、その私の考え方は間違いかも知れない。「噴火を誘発した巨大地震」ということで検索していたら、英語のサイトで良いのが見つかった。
Volcanic eruptions following M ≥ 9 megathrust earthquakes  http://www.rsmas.miami.edu/personal/famelung/FalkWebsite/FalkWebsite_domain.sites2/WalterAmelung_geology_2007.pdf

 そこに出ている4つの超巨大地震(1952カムチャッカ、1960チリ、1964アラスカ、2004・2005インドネシア)の図を見ると、東北地方太平洋沖地震の場合とは、パターンがまるで違っているようなのだ。東北地方太平洋沖地震をこの図における超巨大地震に合わせて描いたとすれば、東日本火山フロントにある火山のどれかが噴火するのでなくてはならない。しかも前者の地震と火山噴火との時間的間隔は短い。数日以内であるか遅くとも2ケ月以内には噴火が始まっている。したがって、東北地方太平洋沖地震だけが特殊であり、むしろ誘発噴火のなかった地震として処理すべきであった。

 私は、西之島の噴火を地震と関連付けた前回の記事を、撤回すべきかどうか迷った。しかし、たとえ間違えであるとしてさえも他の誰もが言ってないならば、世界でたった一つの、独創的な考えであるということになり、それだけで十分に、存在する意義が生じると思い直した。

 この超巨大地震の図を見ると、4つの場合全てに共通の特徴がある。海溝の陸側に巨大地震の震源とその余震域があり、その余震域は陸上にかかっている場合もある。活火山の列が余震域近くの陸上を、海溝と平行に並んでいる。この特徴は東北地方太平洋沖地震の場合も全く同じで、平行に並ぶ日本海溝と東日本火山列との間に、震源とその余震域がある。

 そしてそこには、更により重要な特徴がある。それについて、「新しい地球観」(上田誠也著、岩波新書、1971年)から以下に引用する。

[地震はその数やエネルギーにおいて圧倒的に弧状列島の海側で多いのに対して、火山の分布は弧状列島の陸側に限られているのである。世界地図の上に書いてしまえば、同じように分布するけれども、細かく見れば地震帯の分布と火山帯の分布は、むしろ排他的なのである。火山の分布については、そのいちばん海側の限界を、はっきりと定義することができるので、それを杉村新は火山帯のフロントと呼んだ。フロントより海側にはただの1つも火山は存在せず、地震は火山帯のフロントよりも海側に多いのである。]

 巨大地震による誘発噴火の問題を調べた後、上田誠也氏のこの文章を改めて読み直し、重要なことに気付いた。地震と火山はお互いに誘発し合う関係でありながら、しかも分布の上では排他的なのである。今迄私は、地震はマグマの移動によってもたらされるものだと思い、そう書いてもきた。しかしマグマが常住する場所と巨大地震の起こる場所とが別にあるとすれば、マグマの移動そのものが地震の原因ではあり得ない。

 上田氏のこの本は、1976年に自費出版した「ヤスー」という私の本を書く時に参照した。その時以来数限りなく読み返し、引用してきた本なのに、今の今まで、マグマと地震との関係についてのこんなにも重要な問題点を、何故見過ごし続けてきたのだろうか? 不思議な気がする。

« 富士山は何故噴火しなかったのか? その2 | トップページ | 富士山はなぜ噴火しなかったのか? その4 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/59766832

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山はなぜ噴火しなかったのか? その3 :

« 富士山は何故噴火しなかったのか? その2 | トップページ | 富士山はなぜ噴火しなかったのか? その4 »