« 御嶽山の噴火は予知できていたはず その1 | トップページ | 御嶽山の噴火は予知できていたはず その3 »

2015年3月10日 (火)

御嶽山の噴火は予知できていたはず その2

  水蒸気噴火とは何かを考える

 前回も書いたように、ネットを調べたりした後になると、溝上恵氏の本に出会う前の、水蒸気噴火だったのだから予知できなくて当然だった、という考えに戻った。前回引用したNHK時論公論のサイトから、もう少し引用する。

[今回、気象庁や専門家は噴火を予知することができませんでした。

実は、その最大の理由は、火山学上、噴火の規模が小さかったからです。専門家や防災機関などで作る火山噴火予知連絡会は「小規模な噴火だったが、山頂付近に多くの人がいたため、被害が大きくなった」と分析しています。]

 更に、火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長の「水蒸気噴火を事前に明確に把握することは困難で、学問の限界だ」という言葉も紹介されている。

 なるほど、なるほどである。ただ、「予知できなかった最大の理由は、噴火の規模が小さかったから」という理由付けは、「東海大地震だけは予知できる」というのとどこか似ている。その間に、阪神大震災を初めとする多くの地震が日本各地を襲い、東日本大震災までもが、実質上の予知なしに起こった。

 「水蒸気噴火の予知は不可能」という意味の言葉も、よくよく考えてみると、おかしな話である。過去4回の噴火は、予兆のあるなしはあっても、全て水蒸気噴火である。今後とも、水蒸気噴火の可能性の方が圧倒的に多いに違いない。とすれば、御嶽山の噴火予知はできませんと言うに等しい。

 御嶽山は、3000メートルを超える富士山に次ぐ高さの火山である。カムチャツカ半島辺りだと、富士山より1000メートルも高い頂上から、最近まで溶岩を噴出中だった火山もある。しかし日本列島の高い火山が、溶岩本体を頂上から噴出するのは容易なことではないのだ、と思う。富士山が噴火する場合にも、いきなり本格的なマグマ噴火ではなく、最初の噴火は、水蒸気噴火の不意打ちであるかも知れない。今回のような噴火災害が夏シーズンの富士山で起こったとして、それでも火山関連の科学者たちは「学問の限界ですから」と平然としていられるだろうか?

 前回の引用にもあったように、今回の噴火の兆候はたった一回、16~7日前の地震多発だけだった。何があったのだろうか?と考えてみる。どうやら、御嶽山の火道にはマグマが居座っていたようである。溜まった地下水がマグマに触れて水蒸気になると、膨張して逃げ道を探す。その道の途中に障害物があると、そこに圧力がかかり、地震や微動、地殻変動が起こる。では、今回の噴火だけそうした兆候が一回しか表われなかったのは何故か?Photo

 火道下部に大きな障害物があり、そこに水蒸気の圧力がかかっていた。16~7日前の地震多発は、その圧力が障害物を取り除こうとしてせめぎ合い、最終的にそれが取れた、ということを意味するのだと思う。その後は、以前の水蒸気噴火によって火道がクリアされていたこともあり、何の兆候も引き起こすことなく頂上にまで達したと思われる。

 データに表われるのは病気にとっての症状である。本来は、病気や噴火の本質を、症状やデータを通して見ようとすべきなのである。データと前例にこだわり、「御嶽山の中で何が起こっているのか?」のイメージを持ち損なったがために、今回の悲劇が起こった。「もう少し様子を見よう、活動が低下した、そして突然の噴火」というのは、私も以前書いた(地殻底のマグマ層 その12、その13)数多くの失敗と同じパターンである。

 地震多発の段階で、これこれの危険性があると、登山道入り口やネット上などで、登山者に知らせる努力をすべきであった。その程度の段階では入山規制をすることはできなかっただろう。しかし地震多発情報が伝えられていたならば、自発的にスケジュールやコースを変える者が多く出たはずであり、多くの命を救えたはずである。

« 御嶽山の噴火は予知できていたはず その1 | トップページ | 御嶽山の噴火は予知できていたはず その3 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/59189589

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山の噴火は予知できていたはず その2 :

« 御嶽山の噴火は予知できていたはず その1 | トップページ | 御嶽山の噴火は予知できていたはず その3 »