« 御嶽山の噴火は予知できていたはず その4 | トップページ | 御嶽山の噴火は予知できていたはず その6 »

2015年3月31日 (火)

御嶽山の噴火は予知できていたはず その5

  山の体温を測る

 前回も書いたように、サイエンスZEROの「噴火の前兆は捉えられるか」という番組で扱われたミュオンによる火山透視は、噴火予知に役立ちそうな有望な技術である。番組を見た後で本やネットを調べている間に、手持ちの「日本の火山を科学する」(神沼克伊・小山悦郎著、サイエンス・アイ新書 2011年2月)という本にも何ヶ所か、ミュオン火山透視についての記述が出ているのを発見した。

[2006年にはミュオンラジオグラフィーを用いて、初めて浅間山の火口底付近内部の構造が視覚化されました。2008年10月から浅間山東麓にリアルタイムの宇宙線ミュオン観測点を設置して観測を開始した結果、2009年2月の小噴火前後に火口底浅部の密度変化、つまりマグマの存在をとらえることに成功しました]

 とあり、噴火前後の二つの画像が載っている。もうかなり前からの技術のようだ。この技術はもともと、物理学者ルイス・アルヴァレズが、ピラミッドの中の未知の部屋を探すために開発したのだと、ネット検索中に知った。え? 恐竜絶滅・巨大隕石衝突説のあのアルヴァレズが? 意外な繋がりで驚いたが、もともとが素粒子学者だったのだから、ミュオンという素粒子を使っての、透視実験の方が本業に近いのだろう。

 番組では火山透視の他、アクロスという連続的な地震探査法が桜島で実験中である、とも話していた。片側に重りを片寄らせたモーターを回転させるとあるから、巨大なバイブレータみたいなものかも知れない。山の反対側に検知器を置くと、真っ直ぐに伝わる地震波の他、迂回してマグマ溜まりを通ってきた波も記録されるという。そのようにして記録された地震波の違いを解析して、マグマ溜まりがどこにあるかを調べるらしい。丁度スイカを叩いて熟れ具合を調べるようなもので、火山のマグマ溜まりの有る無しを叩いて調べるということのようだ。

 このスイカを叩くという例えにならい、私も火山を病人に例える。人が病氣になって一番最初にやることは、体温を測ることではないだろうか? ところが火山の場合、噴火という異常を示す最良の指標となるはずの、温度に注目する研究者がいないみたいなのは何故だろうか? お金がかかるからだろうか? 素粒子や地震波に比べ、ローテク過ぎるからだろうか?

 本当を言えば、火口から真っ直ぐ下に向けてボーリングし、マグマ溜まり近くの温度を測れたら一番良いのだろうが、火口には湖があることも多く、噴火の危険もある。山腹を横に掘り、火道あるいはその近くに達し、そこの2ヶ所以上の温度を測る。それによって地熱勾配を測定、その変化から噴火予知が可能になる、というわけである。つまり、火山の地熱勾配が通常よりも高まれば、噴火が差し迫っているということになる。

 もしも日本の活火山の多くにそのような温度計が設置され、各火山固有の特性が知られていたならば、御嶽山のように水蒸気噴火ばかり繰り返す山であってさえも、その前兆を捉えることができたかも知れない。火道の地熱勾配の計測が原理的に可能であるとしたら、その先には更なる展開が考えられる。地熱発電である。

 有り余るエネルギーの噴出が噴火であるならば、火山のマグマ溜まり、あるいはその近くからエネルギーを取り出すことに弊害は伴わない。原子力発電は廃棄物の問題を処理出来ず、将来に禍根を残すだけである。そのために、一日も早く原子力発電から地熱発電へと移行しなければならない。幸い火山国日本はドイツなどに比べ、遥かに豊富な自然エネルギーを持っている。それなのに、自然エネルギー比率において遥かに先を越されている。福島の後ですら原子力発電に固執する、旧い体質の指導者しか持たないのは、不幸の極みである。

 日本はこれから、マグマ溜まり近くを狙った地熱発電を、研究開発してほしいと願う。地熱勾配測定のための掘削はその地熱発電に通じ、火山噴火予知をも可能にする技術である、と考えている。

« 御嶽山の噴火は予知できていたはず その4 | トップページ | 御嶽山の噴火は予知できていたはず その6 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/59398922

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山の噴火は予知できていたはず その5 :

« 御嶽山の噴火は予知できていたはず その4 | トップページ | 御嶽山の噴火は予知できていたはず その6 »