« 海洋底の縞模様 その26 | トップページ | 御嶽山の噴火は予知できていたはず その1 »

2015年2月24日 (火)

海洋底の縞模様 その27

  南海トラフを覆う安山岩層があるはず

「安山岩線の中にあったムー大陸」(その12)、「南海トラフが海溝でないのは何故か?」(その13) の中で既に書いたように、私はフィリピン海プレート全体が大陸性の安山岩層によって覆われているとイメージしている。そのイメージは、最近見たNHKのサイエンスZERO(アメリカでは2月14日に放映)によって一層強められた。

 番組の内容は、「その12」で引用した「西之島の不思議:大陸の出現か?」(独立行政法人海洋研究開発機構のJAMSTECニュース、2014年6月12日)という記事と同じ路線を行くものである。西之島が元々安山岩線の内側にあり、安山岩が出ること自体には何の不思議もないのだ、ということには一言も言及しなかった。

 しかし、「安山岩は地球にしかなく、火星や金星にはない」「西之島の岩石は全て安山岩、シリカの多い大陸の岩石であった」「地殻は西之島の辺りで薄い」「4月から6ヶ月かけてアメリカの調査船、ジョイデス・レゾリューション号が伊豆小笠原マリワナの海域を調査することになっている」などなど非常に有用な情報が満載であった。

 残念ながら、ゲスト出演した海洋研究開発機構の田村芳彦上席研究員の、西之島の安山岩生成に対する説明は、納得のいくものではなかった。「西之島の辺りの地殻が薄いから」と説明しているのだが、それでは地殻が更に薄いはずの中央海嶺や他の遠洋海域ではどうなのか?と疑問に思う。西之島の辺りの地殻の厚さ15キロメートルというのは、平均的な海洋地殻の厚さに比べ、決して薄過ぎるというほどではない。しかも、「なぜ西之島の辺りだけ地殻が薄く安山岩で出来ているのか本当のところはまだ分からない」とも言う。本当はまだよく分からないことを分かるように説明しようというのだから、分かり難いわけである。

 西之島の周囲には、伊豆大島など玄武岩を噴き出す火山ばかりである。しかし地震波の調査によれば、伊豆大島からマリアナにかけて安山岩層が隠れている。しかも、伊豆大島近くの方が安山岩層は厚い。厚い安山岩層がありながら噴き出すのは何故玄武岩ばかりなのか、更によく分からない点である。

 それら以上にもっと分からないのは、安山岩を噴き出す西之島がベルトコンベヤーに乗って北上し、伊豆半島に衝突して大陸となるというプレートテクトニクス流の考え方である。西之島が北上して大島の辺りに来たら玄武岩を噴き出すようになるとでも言うのであろうか?

 ただここで、安山岩層が隠れているらしいという地震波調査の結果は、フィリピン海全体を沈んだ大陸と捉えている私には心強い。南海トラフが日本海溝などの一般海溝に比べて浅いのは、既に書いたように(その13)、安山岩層がトラフの底を覆っているからである。

 南海トラフが私の提言通りに実際なっているかどうかは、そう遠くない将来、掘削した時に決着がつく。それが「反証可能性」ということである。説明ばかりに終始するか、我々の死後にしか確かめようもない提言が全てであるならば、それは「反証可能性」を持つ健全な科学的仮説体系ではない。プレート・テクトニクス説は「反証可能性」を持っているだろうか?

« 海洋底の縞模様 その26 | トップページ | 御嶽山の噴火は予知できていたはず その1 »

海洋底」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/58896868

この記事へのトラックバック一覧です: 海洋底の縞模様 その27:

« 海洋底の縞模様 その26 | トップページ | 御嶽山の噴火は予知できていたはず その1 »