« 地震は水素爆発で起こる その9 | トップページ | 地震は水素爆発で起こる その11 »

2013年8月30日 (金)

地震は水素爆発で起こる その10

  「地震は爆発」を支持する地震かも

 山本寛氏の「地震学のウソ」には「『岩手・宮城内陸地震』の余震分布が否定する『現代地震学』」の項目がある。途中までを以下に引用する。

[「岩手・宮城内陸地震」の震源深さは約8キロメートル、地震の大きさはM (マグニチュード)7・2であり、岩手県と宮城県で最大震度6強を観測した。発震機構は西北西―東南東方向に圧力軸をもつ逆断層型で、地殻内の浅い地震である。

この地震の特徴としては、次の4つが挙げられる。

① 約15キロ東の「花巻・北上西起震断層」と約15キロ西の「横手盆地東縁断層」の中間の、従来は活断層が知られていない場所で地震が発生した。

② 上下方向の加速度3866ガル、3成分合成加速度4022ガルを記録した。

③ 西傾斜の逆断層とされているが、それを実証できる余震分布が得られていない。

④ 地表地震断層が過大に見積もっても4キロ程度しかない。]

[現代地震学では、「余震」は「震源断層」の周りで起きるとされている。しかし、1章の図1(2章の間違いではないかと思う。図はあえて転載しない)に見るように、余震分布は西傾斜とはとても言えない。

余震の分布が震源断層に沿って起きていないことは、「地震=断層運動説」にとって、危機的なことと言える。なぜなら、「震源断層は震源断層に沿って起きる余震分布でもって決められる」という現代地震学の大原則に反する事象であるからである。]

 この現代地震学を批判している部分は、ことの重要さが私にはよく理解できない。地震学を根底から揺るがすようなものではなく、エピソード程度のささいな問題にこだわっているように思われてならない。しかし、そう言えばこの地震は不思議な地震だったよな、と思い起こさせてくれた。

 私も「ガル」の問題に関連して書いたことがある(原発問題を考える その2627)。「その26」の中で私は、「この時の4022ガルは観測史上最大で、ギネスブックに認定された」「上下方向の加速度だけでいうと3866ガル、重力加速の4倍もある。宇宙飛行士の乗るロケットの初速度は3000ガル程度と言われているから、地震の加速度の方がそれよりも大きいということになる」と書いている。

 ロケットの初速との比較には、ちょっとした間違いがあった。ロケットは上への一方向であるが、地震の場合には上下両方向である。したがってロケットと地震とを比較する場合には、下への重力加速度980ガル分を引かなくてはならない。答えは2886ガル。ほぼ3000ガルとなり、ロケットの初速と同じか少し少ない程度である、ということになる。いずれにしても、大変な加速度であることには変わらない。

 いったい何故日本の並みの土地で、そんな世界記録が出たのだろうか? 不思議に思いはしたもののその時は、そんなものか、でやり過ごした。

 「地震学のウソ」を読んでその時の思いを思い出し、調べてみて驚いた。普通の地震が水平方向に強く揺れるのに対し、この地震は上下方向に2倍以上強く振動したという。とすればこれこそは、地下から地表に向けて突き上げる巨大な力が働いた証拠であるのかもしれない。つまり、「地震爆発説」を支持する地震なのかも知れない、と思った。

« 地震は水素爆発で起こる その9 | トップページ | 地震は水素爆発で起こる その11 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/53078723

この記事へのトラックバック一覧です: 地震は水素爆発で起こる その10:

« 地震は水素爆発で起こる その9 | トップページ | 地震は水素爆発で起こる その11 »