« 地震は水素爆発で起こる その4 | トップページ | 地震は水素爆発で起こる その6 »

2013年7月25日 (木)

地震は水素爆発で起こる その5

  マグマの水平移動はプレート説の欠陥

 2011年1月、私は「地殻底のマグマ層」の下書きを書いていた。その3ヶ月前に島村英紀教授とお会いしたことを書くつもりでいたが、その前に先ず、私が読んだ彼の本を紹介したいと思っていた。もう一度何冊かを調べ直していたら、ちょっとした紹介ではすまなくなった。既に一部は引用した(地殻底のマグマ層 その2)が、「地底を歩くカタツムリ妖怪」は特に興味深い。

 M7.5の房総沖地震やM7.9の十勝沖地震が起きた後、日本海溝近くの震源域から西へと、何かしらが移動したことを示す地面のふくらみが観測された。その移動のスピードはきわめて遅く、年に20キロ、カタツムリなみの速さである。そしてそれは日本だけではなく、ペルーでも同じような現象が見つかっているが、「どんな妖怪が地下を動いているのかは、まだ謎のまま残されている」というのが、その時に引用した部分とその後に続く部分の要旨である。

 「地震は妖怪 騙された地震学者たち」(講談社+α新書、2000年)には、続いてトルコの連続地震のことも出ている。

[トルコを東西に走る北アナトリア断層という長さが1000キロもある大断層がある。この断層の東から西へ、順々に大地震が起きたことがある。

つまり、1939年にこの活断層の東の端に近いところでマグニチュード8の地震が起きたあと、1942、1943、1944年と5年の間に次々に西へ場所を移しながら、マグニチュード7クラスの大地震が続いたのである。この5年でいったん収まったかに見えたのだが、1950年代になって、このへんから西へ向かって3回も、マグニチュード7クラスの地震が起きた。つまり1967年までの約30年の間にマグニチュード7から8に近い大地震が西に移動しながら合計7つも起きたのである。

この大地震の移動していった速さが、年平均で80キロメートル。日本の例よりも速いが、桁が違うほどでもない。やはりカタツムリの速さなのである。]

 他にもある。1991年6月に、大火砕流による大惨事を引き起こした雲仙普賢岳の場合、それ以前からの活動があり、橘湾から普賢岳頂上直下まで、斜め上方に移動するのにちょうど1年かかっている(地殻底のマグマ層 その13)。その間の距離は、「地震と火山の100不思議」(東京書籍、2004年)の記述と図から推察すると、15キロから20キロ。やはりここでもカタツムリの速さである。

 他に、「地震予知を考える」(茂木清夫、岩波新書、1998年)にはマグマの水平移動を思わせる記述もある(地殻底のマグマ層 その27)。そして深部低周波微動の水平移動(同 その23)という不思議な現象もある。ちょうどその頃、新燃岳が噴火した。私には、今まさに地殻底を移動しつつあるマグマが目に見えるようにも思えた。

 このような地底の何ものかの水平の動きは、プレートテクトニクスにおける根源的な欠陥の一つである。島村氏は「この妖怪は、そもそも海溝でのプレートとプレートの押し合いから生まれた鬼っ子である可能性が強い。しかし、それがなにものであるか、私たちはまだ知らない」と慨嘆(がいたん)している。水平に移動するプレートは全体として移動しているのであって、内部の一部だけが移動するという現象に対しては、全く説明のしようもない。つまり、地底のマグマの水平移動などは、プレート説にとって、あってはならない現象なのである。

 というわけで当時の私の関心は、すっかり地殻底に向かっていた。地殻底を掘り抜くことを最終目標にしている地球深部探査船「ちきゅう」(同 その22)を、東北地方太平洋沖地震直前の1月の段階で、調べる気になったのは当然の成り行きであった。

« 地震は水素爆発で起こる その4 | トップページ | 地震は水素爆発で起こる その6 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/52598478

この記事へのトラックバック一覧です: 地震は水素爆発で起こる その5:

« 地震は水素爆発で起こる その4 | トップページ | 地震は水素爆発で起こる その6 »