« 地震は水素爆発で起こる その1 | トップページ | 地震は水素爆発で起こる その3 »

2013年6月30日 (日)

地震は水素爆発で起こる その2

  HAARPという地震兵器

 OHさんのメールの中では、水素爆発とHAARPとが区別されていない感じがあり、その頃の私からの返事においても区別してはいない。2年経った今になっても、その方面に特に詳しくなったというわけではないが、どうもそれらは別物のようである。

 たまたま昨年の5月か6月、サンフランシスコの歯医者に通う必要があったこともあり、その地の紀伊国屋書店に何回か寄った。そして、「地震兵器HAARPと悪魔のゴッドシールド計画」というタイトルに引かれ、月刊「ムー」2012年5月号を買う気になった。彼女からのメール以来、気になってはいたのである。

 HAARPという言葉をインターネットで調べると、高周波活性オーロラ調査計画(High-frequency Active Auroral Research Program)の頭文字のようである。電離層における電子の研究を行っているらしいのだが、観測が主体だとすれば、たとえそれが軍事目的であったとしても納得がいく。電離層の研究は他でも多くあり、地震の前に電子数が増える、ということは「地震は雷のようなもの その8及びその9」でも扱った。

 アメリカの国防総省がその研究を主導しているという点も理解できる。同じシリーズ内の「その3」では、長尾年恭氏の言葉を引用している。「中央アジアのキルギスで、非常に大規模な地中への電流注入実験を行っています。これは、ソ連時代に核戦争で電離層が吹き飛んで通信ができなくなるのに備えて、……」とあり、えーっ、そんな可能性もあるんだ、と驚いた。核爆発だけではなく、妨害電波ということも考えられる。現在でも、日本や米国の政府機関や防衛関連企業など国家の中枢を狙ったサイバー攻撃が多発していると言われる。どうやら中国政府や軍が関与しているらしいということで、今話題になってもいる。(「クローズアップ現代」2013年6月6日放送分ほかを参照)

 人間活動の全ては軍事的に転用可能である。超小型のヘリコプターが、道路や橋の老朽化を監視するために使われる、というのも最近のニュースで知った。それを見ながら私は、その技術が他国に流出して軍事目的で使用される危険性の方をより心配した。第二次大戦時には、アメリカインデアンの言語が暗号として使用された(「コードトーカー」を参照)。近代戦は総力戦であり、情報は特に重要であるのにもかかわらず、戦闘そのものを重視し、軍事的な補給や情報を軽視したことは、かっての日本軍の敗因の一つであった。

 したがって、オーロラを含む電離層の研究が軍事的に大きな意味を持つだろう、とは理解できるのだが、それがどのように兵器として使われ得るのか、以前は理解できていなかった。雑誌「ムー」の記事によれば、その仕組みは次のようなものである。

[ただでさえ不安定な状態にある電離層に、強力な電磁波を放射し、加熱する。]

[HAARPは世界最大の電離層加熱器だ。アラスカの施設から照射されるエネルギーは電離層に直接向けられ、それが地表に直接跳ね返る。跳ね返ったエネルギーが当たる場所も正確に決めることができる。]

[地中の断層付近では、その周囲がプラス、マイナスに分極または帯電状態になっている。つまり、地中に「電離層」が発生しているのだ。これぞベギーチ博士が指摘する「地中プラズマ」なのである。

この地中プラズマめがけてHAARPから電波を照射。そこにエネルギーを注入し、断層の歪みをさらに拡大させて地震を引き起こすという。]

 この記事により、一応イメージだけはつかめた。電離層を電子レンジ状態にする、ということなのだろう。

 しかし、いくら電離層で電波が反射するとは言っても鏡ではないのだから、照射したエネルギーの減衰が大きく、兵器としての効率が良さそうには思えない。そして何よりも、地震の仕組みが分からない現在、兵器云々というのは早計過ぎる。今はまだ、そういう段階ではない。

« 地震は水素爆発で起こる その1 | トップページ | 地震は水素爆発で起こる その3 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/52246303

この記事へのトラックバック一覧です: 地震は水素爆発で起こる その2:

« 地震は水素爆発で起こる その1 | トップページ | 地震は水素爆発で起こる その3 »