« 地震は雷のようなもの その11 | トップページ | 1960チリ地震断層の謎 その1 »

2013年4月28日 (日)

地震は雷のようなもの その12

  地底こそは最後の秘境

 このようにして、キルギスの電流流し込み実験、余震とは何か、雷、スプライト、地震や火山の水平移動、横向きの噴火、火山雷、電離層における電子状態、電磁波の伝播異常などと見てきたが、その結果として知りたいのは地下の状態である。この100年ほどの間に、人類は数多くの秘境の姿を明らかにしてきた。そしてそれは宇宙の果てにと及び、深海をも目の当たりに見せてくれるようになった。しかし地底は、今もって秘境のままである。そここそは残された最後の秘境なのだ。

 地底の姿は、プレートテクトニクス説によって描かれてはいる。しかしそれらは絵に過ぎない。絵だけなら幽霊も描けるし、いるはずのないタコのような火星人すら描ける。コンピュータ・シュミレーションも、入れ込む変数しだいではどのようにでもできる。我々が知りたいのは、実験もでき、検証も可能な、科学的な姿である。

 現在、宇宙線から発生するミューオンという素粒子を使って、火山を透視する研究が行われているらしい。しかし宇宙線の来る方向は上方からなので、地底深部の姿までは見ることができない。そこで、地底の姿を知る手段として今の段階で最も有望そうなのは、地電流だと思う。

 上田誠也氏の「地震予知はできる」(岩波書店 2001年6月)には、次のように書かれた箇所がある。

[SES(地震電気シグナル)が100キロメートルも伝わるという初期の結果が発表されたときに、そんなことは不可能だという批判がおきた。100キロメートルも伝播するのに要する電流のエネルギーは膨大なもので、話にならないというものだった。これは常識的には受け入れやすい議論だったが、実は不当なものだった。なぜなら、この議論では電源(つまり震源)を発した電流が四方八方に伝わるとしていたからである。現実には、SESはごく限られたツボ地点にしか到達していない。だからエネルギーはそんなに要らないわけである。]

 地面の中は本来電波が通りにくいところだ、という大槻義彦氏の指摘も考慮すると、地電流というのは内部の地質条件などにより、また上田氏の上掲の説明により、かなり選択的な通り方をする可能性がある。逆に言えば、地中を流れる地電流を計測すれば地中の状態が分かるかも知れないし、地震の巣が見つかったりするかもしれない。

 例えば、できるだけ多くの計測器を日本中の地中に設置し、雷を地中に誘導するようにすれば、落雷地点から各計測地までの経路や時間などが分かり、地中の様子が具体的に描けるようになるかもしれない。

 もちろん、強力な電流の流し込みにより、日本の地下の姿を透視しようというこの試みは、素人の空想の産物に過ぎない。そのようなことが実際問題として可能であるかすら、私には分からない。しかしもしも可能であるとしたら、地震計以外にも、地震とは何か、に迫る強力な道具を得ることになる。

 もしかすると地震学の中に、「地電流地震学」とでも呼ばれるような、新たな学問分野が生まれることになるかもしれない。その時、キルギスの実験やVAN法は、そしてそれらの研究者らは、新たな学問へのパイオニアとみなされることになるであろう。

« 地震は雷のようなもの その11 | トップページ | 1960チリ地震断層の謎 その1 »

上田誠也教授」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/51325987

この記事へのトラックバック一覧です: 地震は雷のようなもの その12:

« 地震は雷のようなもの その11 | トップページ | 1960チリ地震断層の謎 その1 »