« 私の原点 その1 | トップページ | 地震予知失敗は罪 その1 »

2012年12月28日 (金)

私の原点 その2

   白馬は馬である 

 中学の同期会の食事の後、招待された3人の先生方がスピーチをした。我々の担任ではなかった男の先生のスピーチの中に、馬がどうとかいう話が出た。他の何年にもわたる生徒たちとの無数の体験があったはずの先生にとって、50年以上にしてなおも忘れられない事件だった、ということかも知れない。 

 「あ、あれ憶えてる。我々のクラスでの話だ」 

 白馬は馬だ。白馬は白い。ゆえに馬は白い。とかいう三段論法の話だった、と記憶している。ゆえにある馬は白い、とすれば当たり前の話なのだが、その「ある」を、故意にかどうか省いたので問題になった。誰かがそれはおかしいと言い、先生が抗弁した。教室の他の者たちが先生に反対し、ついには女生徒たちがしくしくと泣き出して、収拾がつかなくなった。 

 中学時代の私は、劣等感にさいなまされ、内向的で無口な少年だった、とつい最近まで自分では思っていた。ただ授業中は、ノートも取らずに先生の話を聞き続けた。後に東大を卒業した、小学校時代からの親友の授業態度を真似たのである。彼は、まるで先生をにらめるように凝視していた。自分の顔は分からないが、同じようだったのかもしれない。そのようにして先生の話に熱中していると、疑問もまたいろいろと沸いてきて、質問したくなった。腕組みしたままにらんでくる生徒が少なくとも2人はいる。そして、無遠慮な質問を平気でする。先生方からすると、確かに困ったクラスだったのだろう。 

 記憶はないが、「それはおかしいと最初に言い出した誰か」は私だったのかもしれない。そうだとすると、職員室でも有名なほどの困った質問をするクラスの元凶は、私だった可能性が高い。自分自身では、「権威を権威とも思わずに疑問を呈する」ようになったのは高校に入ってからだ、と思ってきたが、おとなしかったはずの中学3年時には既に、その萌芽が表に現れていたようである。 

 小学56年生からの私の関心は、社会の矛盾に向けられていた。理想の社会はどうあるべきか? 大学を卒業した時にも渡米した時にも、その主題は頭の片隅に常に存在していた。それが変わったのは、大陸の起源説であるヤスーンの仮説を思いついたからである。それ以来ずーっと、私は地球の科学者たちを相手に疑問を投げ続けている。一般社会にも影響を及ぼすような、思うような成果を未だに得られないのは、力をつけるべき若い時期に力を蓄えてこなかったからである。自業自得としか言いようがない。 

 私は、「何故?」「何故?」としつこく尋ねて回る幼児に過ぎない。あるいは、裸の王様を見て、「王様は裸だ」と思った通りをそのままに叫んだ少年に過ぎない。あるいは、先生たちを困らせる質問をする中学3年生から全く成長しないままの少年、と言うべきかも知れない。 

 ともかくも、自分の原点を知れたということが、今回の訪日の最大の収穫であった。同じ道を辿れて来れただけで、充分幸せであった。 

« 私の原点 その1 | トップページ | 地震予知失敗は罪 その1 »

ブログ始めます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/48417970

この記事へのトラックバック一覧です: 私の原点 その2:

« 私の原点 その1 | トップページ | 地震予知失敗は罪 その1 »