« 地殻底のマグマ層 その31 | トップページ | 地殻底のマグマ層 その33 »

2012年3月28日 (水)

地殻底のマグマ層 その32

 VAN 法の問題点 

 昨年10月に上田誠也氏にお会いしたとき、沢山のプリントの他に、「学士会会報」(20077月号)をいただいた。その中に、「地震予知研究の歴史と現状」という、夕食会時の講演要旨が載っている。(http://www.geocities.jp/semsweb/Uyeda_070309.html)これは、ネットで探して読むことも出来る。その他に、「地震の予知はできる」(岩波科学ライブラリー792001年)という本もいただいた。 

 以前、「地球・海と大陸のダイナミズム」(NHK ライブラリー921998年)もいただいた。この本の元になっているのは、19941月~3月に教育テレビで放送されたNHK 人間大学の講座の、同名のテキストである。そちらも、その出版直後に送られてきた。こうして長い年月にわたり、先生の書かれた何冊もの本を頂戴するとは、私のような立場のものにはもったいない厚遇である。  

 それら全てに、VAN 法についてが書いてある。だいたいは同じ内容なのだが、新しい「学士会会報」にだけ出ている情報もある。例えば、キルギスにおける地下への電流流し込み実験というのがある。それについては先にいって話す。 

 さて、前回私は、金森博雄氏の指摘を書いた。地震電気シグナル(SES)が、地震直前ではなく、その数日あるいは数週前に1回だけ出るのはなぜか? 圧電効果がVAN法の原理であるのは認めるとしても、それとSESの発生との間のつながりは、なかなか理解しにくい。 

 さらに、上田誠也氏の「地震予知はできる」のなかに、もう一つ別の問題点も書いてある。地上の2地点に電極を差込みさえすれば、どこででも地電流の異常な変化が観測できる、というわけではない。鍼灸のツボのようなものがあり、それ以外のところではうまく観測できないみたいである。 

[観測がうまくいくためには人工ノイズが高い都会地は避けねばならないが、ノイズの低いところでもSES を感ずるところ(「SES 有感地点」あるいは「ツボ地点」と呼ぶ)はまれなのである。SES 有感地点はあらかじめは分からない。経験的には地質構造が複雑だとか、地下水脈の発達が著しいなどがツボ地点の条件のようだが、 試験観測を続けて地震が起きるのを待って有感か無感かを知る必要がある。現在のところ、ギリシャでは約10ヶ所のツボ地点で連続観測が行われている。 

SES 特性の第2は、ツボ地点は震央の近傍ばかりではなく、100キロメートルも離れたところにもあるということである。しかも一つのツボ地点では、ある特定地域の震央からのSES しか観測できない。いいかえれば、震源域と有感観測点とが選択的に対応しているのである。震源から発した電流は四方八方に万遍なく伝わるのではなく、特定のチャンネルに沿って伝わるらしいのだ。] 

 これはなんとも厄介なことである。ツボを探すには、職人技の熟練とカンとが必要になりそうである。科学はフール・プルーフ(foolproof 「ばかでも扱えるような」とか「しくじりのない」という意味)であることを理想とする。職人芸の世界とは対極にあるはずなのだ。VAN 法を実用化する前に、まだまだやらなければならないことがあるようである。 

« 地殻底のマグマ層 その31 | トップページ | 地殻底のマグマ層 その33 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/44665875

この記事へのトラックバック一覧です: 地殻底のマグマ層 その32:

« 地殻底のマグマ層 その31 | トップページ | 地殻底のマグマ層 その33 »