« 原発問題を考える その5 | トップページ | 原発問題を考える その7 »

2011年7月28日 (木)

原発問題を考える その6

  原発の危険性を知らぬはずなかった

 震災後しばらくして、原発関連の本が、サンノゼの紀伊国屋の平積み台に並ぶようになった。そこで「放射能で首都圏消滅」(古長谷稔著、三五館刊、2006年)という本を見つけて買った。他にもっと名の通った著者・出版社の本も出ていたが、私はあえて120頁ほどのこの薄い本を選んだ。2006年の本の緊急重版である、という帯の言葉と、福島で起こったことと照合する記事の内容とに惹かれたからである。

 後で記事をよく読んでみたら、“チャイナ・シンドローム”(アメリカの原発がメルトダウンして、溶けた高熱の金属の塊がどこまでも落ちていき、地面も溶かして地球の反対側の中国まで行く、という意味で作られた言葉)を肯定的に書いてあるのが傷になっている。仮に地面を溶かし穴を開けることがあり得たとしても、地球の中心から反対側に上る(中心から先は落ちるではなく上ることになる)ことはできない。島村英紀氏の「教室ではおしえない地球のはなし」(ブルーバックス。「地殻底のマグマ層その1」を参照)には、巨大な鉄球を地表に置くことができたならば、鉄球自身の重力によって地球の中心に落ちていくことができる。しかし、そこから戻ってくることができない、という話が出ている。

 私が本屋で立ち読みしたとき目にしたイラストには、水素爆発のことが書いてあったし、津波のイラストもあった。この程度の一般向けの本で、5年も前に書かれていたことが、今回福島で、現実にもほぼ同じように起こった、という事実に衝撃を受けた。津波の危険性、配管の破断、水素爆発の可能性などなど、原発関係者なら、ここに書かれているそんな初歩的な知識、よもや知らなかったはずはない。

 週刊誌のどこかで読んだと思うのだが、東電の中で、原子力関係の役員は、既にたび重なる不祥事の責任を取らされて、辞職したか左遷されている。残った現在の役員に、原子力の技術畑のものがいないため、このような大事故の場合、適切な処置を取れないのだ、という。世の中には、そういう皮肉なことがあるものなのだ、ということで印象に残った。

 それにしても、水素爆発を起こさないための冷却がどれほど大切か、という初歩的な知識すら、東電の震災時の役員たちは持ち合わせてはいなかった、ということになる。もしもほんのわずかでも危機感を持っていたなら、3月以前に、電源喪失や配管破断に対する備えを済ませていたはずだ。原発のような危険を伴う事業の指導者たちには、危機管理のための知識と対処能力が、あらかじめテストされる必要があるかもしれない。

 この「首都圏消滅」という本には、茂木清夫前地震予知連会長、石橋克彦神戸大教授らの地震学者が、前々から浜岡原発の危険性を警告し続けてきていたとある。後者は、“原発震災”という言葉の生みの親でもあるそうだが、2005年2月の衆議院予算委員会・公聴会で証言してもいる。その時の以下の言葉は、いろいろな意味で興味深い。

[地震学者は、地震がまだよくわからないものだということをよくわかっている。 しかし、原発関係者は、地震のことはすべてわかっているような論理で安全性を主張する。それがおかしい。]

« 原発問題を考える その5 | トップページ | 原発問題を考える その7 »

原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/40991496

この記事へのトラックバック一覧です: 原発問題を考える その6:

« 原発問題を考える その5 | トップページ | 原発問題を考える その7 »