« 地殻底のマグマ層 その17 | トップページ | 原発問題を考える その1 »

2011年6月30日 (木)

地殻底のマグマ層 その18

  移動するマグマが地震を起こす

 地殻底のマグマ層が移動することによって地震を起こす、という私の仮説を、今までも断片的に書いてきたが、ここでそれらをまとめて書くことにする。

 地球に大陸が生まれて以来、地殻底にできたマグマ層は、ある時代にはおもに大陸下、次の時代には海洋下に、とその主舞台を移してきた。それを動かす原動力は、大陸の重さによる圧力と、マグマの温度である。

 マグマが冷却すると、大陸中央部に小さくまとまろうとする。すると、大陸地殻を持ち上げながら、その内部で固化して厚くなる。厚くなった地殻は重くなり、内部のマグマを周辺部へと押し出す。さらに、放射性物質の崩壊熱(都合のいいことに、大陸を構成する花崗岩マグマに、放射性物質が一番多く含まれる)がマグマを温め、粘性を下げ、動き易くする。

 こうして、世界中の大陸下、海洋下の地殻底には、網の目のようなマグマ層が張り巡らされていて、マグマは常にあちこちへと移動している。ちょうど、シャボン玉の模様が常に変化しているようなイメージである。

 マグマが滞(とどこお)りなく移動している状態の時には、地震は起こらない。ところが、行く手を障害物によって遮(さえぎ)られると、そこに歪みが溜まる。川の流れが地崩れなどによる土砂でせき止められ、自然のダムが出来た後、さらに水が溜まり続けると、それはついに決壊する。地下においても、その決壊のような、岩盤の破壊が起こったとき、地震が発生する。

 障害物の量が多く、溜められた水が多いほど、決壊した時の濁流は巨大なものになる。同様にして、地震の大きさも、溜められた歪みの大きさに比例する。

 また、川の流れの場合、土砂などの障害物は、一度だけで全部が押し流されることは稀で、残りの土砂などが、時間を置いて流される。余震もまた、そのような現象だと考えるとわかり易い。

 松代地震のような群発地震は、マグマの通り道が狭められてはいても閉ざされてはいない状態のときに起こる。川の流れに大きな岩を置いたようなイメージである。

 圧が高くなり、地上にあふれることもある。火山噴火である。私の仮説からは、火山も地震も一元的にとらえられる。また、遠隔の地の地震、あるいは火山が、連鎖的に引き起こされることもある。圧の変化が引き金となることもあるからである。

 環太平洋などに地震帯が偏在しているのは、現代という時代にあって、そこがマグマ層の一番の活躍地帯だからである。ちょうど、波打ち際みたいなイメージと、私はとらえている。

 大地震に周期性があるのは、マグマの通り道の上の重みが沈み込み、新たな障害となるためにだいたい同じような時間がかかるからであろう。しかしその周期性は大雑把なものであり、プレート説からイメージされるような、定期的なものであるはずはない。 

« 地殻底のマグマ層 その17 | トップページ | 原発問題を考える その1 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/40615457

この記事へのトラックバック一覧です: 地殻底のマグマ層 その18:

« 地殻底のマグマ層 その17 | トップページ | 原発問題を考える その1 »