« 東北地方太平洋沖地震 その7 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 その9 »

2011年4月28日 (木)

東北地方太平洋沖地震 その8

  金森博雄教授から貴重な返信

 私のブログが、沢山の人に読まれ、沢山の反響を得られるとしたら素晴らしい。しかし仮にそうなったとしたら、何事もスローな私は、対応できるだろうか? コメントなどにいちいち返事を書けるか、自信はない。

  書くためには調べなくてはならない。これが結構楽しい。書くことによって考えがまとまる、という点も素晴らしい。今は、下書きを書き上げること自体が目的、みたいなところがある。

 下書きがある程度切りのいいところまで溜まると、金森博雄、上田誠也、島村英紀、の3人の先生方にメールで送る。もしも目を通していただけたら、この次お会いしたときの議論の足しになるかもしれない。また、ご本人に関する部分は、私が勝手に書いて間違えたままネットに出たりしたら、ご迷惑をおかけすることになる。実際にも、金森、上田両先生に関する部分、手を入れていただいて、私も貴重な勉強をさせていただいた。

 今回、金森先生から、非常に懇切丁寧な、素晴らしいお返事をいただいた。私だけが死蔵してしまうのではもったいないほどの貴重な話もある。このシリーズに、何回分か、書き加えることにする。

 ただ、問題なのは、先生からの返事が英文で書かれているので、そのままコピイ・ペイストはできない。たぶん、英語での生活の中で常に臨戦態勢を保つため、普段から英語で書くように、自分に課していられるのだろう。毎日が日本語漬けの私など、何十年経っても英語が上達しない。

 かといって、先生の英文を、私ごときが翻訳するのもはばかれる。先生からの部分は、伝聞体で書くことにする。

 まずは、私から送ったメールの文章を以下に。

[金森先生、いかがお過ごしでしょうか?

地震発生以来、多忙の日々をお過ごしのことと考え、あえて電話などでお邪魔しないようにしてきました。しかし、お尋ねしてみたいことは多々あります。今回、あの地震について、7回分のブログにまとめました。添付にてお送りしますので、お読みいただき、ご指摘などいただけましたら幸いです。

文中にも書きました通り、先生のお名前がいろいろなところに出てくるので感心しました。宮城県沖地震の共同研究者、Jim Mori の名前に記憶があります。ロマプリータか、ノースリッジの時に、新聞記事で読んだように思います。パサデナのUSGSから京大防災研に行ったのですね? いろいろなところに弟子が行っているのだ、と想像しています。………]

« 東北地方太平洋沖地震 その7 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 その9 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/39787674

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震 その8:

« 東北地方太平洋沖地震 その7 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 その9 »