« 地殻底のマグマ層 その2 | トップページ | 地殻底のマグマ層 その4 »

2011年2月26日 (土)

地殻底のマグマ層 その3

  水の注入が引き起こす地震

 島村英紀氏の「地震は妖怪 騙された学者たち」の中には、「人間が呼びさました妖怪地震」の項がある。

[1962年に米国コロラド州のデンバーの近くで深さ3・7キロメートルの深い井戸を掘って、液体の放射性廃棄物を捨てたことがある。米空軍のロッキー山工廠(こうしょう)という軍需工場の廃液であった。地下深部というのは厄介ものの放射性廃棄物を処分するには卓抜な思いつきだ、と思ってはじめたに違いない。

意外なことが起きた。日本と違って地震がまったくなかった場所なのに、突然地震が起こり始めたのだ。多くはマグニチュード4以下の小さな地震だったが、なかにはマグニチュード5を超える結構な大きさの地震まで起きた。生まれてから地震などは感じたこともない近くの住民がびっくりするような地震であった。

ちょっとした騒ぎになった。しかし、1年後の1963年10月にいったん廃棄を止めたら、地震はしだいに減っていった。

ところが、さらに一年後の1964年9月に注入を再開したところ、おさまっていた地震が再発した。]

 さらに、ダムが原因となった地震も多い。

[1967年にインドでマグニチュード6・3の地震が起きた。177人が犠牲になったほか、2300余人が負傷した。この地震は近くにコイナ・ダムというダムをつくったことによって引き起こされたものだ、というのが地震学者の定説になっている。

ここも米国と同じく、ふだん地震が起きないところだった。しかし、1962年にダムが完成してからマグニチュード4クラスの地震が起きはじめた。]

 注入の場合もダムの場合も、ここだけが例外なのではなく、世界で数多くの例が知られている。

 私のニュースレター1992年9月号で、私はこの問題を扱い、その時、“The EARTH”(Peter J Smith, Macmillan Publishing Co., 1986) からかなり長く引用した。しかも、そのときに描き写したイラストを見れば、世界における人為的誘発地震は、ほとんど全て、ふだんは地震のないプレート内部で起こっている。つまり、プレートの押し合いによる歪みなど、溜まっていそうもないところばかりなのである。

 このような誘発地震に対し、水が潤滑剤となり、溜まっているプレートの歪みを解放するのだと考える学者が多い。その考え方から、サンアンドレス断層などの大断層に水を注入し、人工的に小さな地震を誘発してやれば、大災害をもたらすような大きな地震を防げる、と主張する学者も出た。

 とんでもないことだ。PT説による地下のイメージはことごとく外れているというのに、もしかすると逆に大地震の引き金になるかもしれない実験を、都市近くの断層で、軽々しく始めてもらっては困る。

« 地殻底のマグマ層 その2 | トップページ | 地殻底のマグマ層 その4 »

マグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1397932/39020568

この記事へのトラックバック一覧です: 地殻底のマグマ層 その3:

« 地殻底のマグマ層 その2 | トップページ | 地殻底のマグマ層 その4 »