自己紹介文

 1967年にヤスーン仮説を思いつき、今もその活動を続けている。
 ヤスーン仮説は、松本清張氏の短編小説「南半球の倒三角」(新潮社版「名札のない荷物」所蔵)の中で扱われている。